いつもずっと一緒に過ごしていたピーコの話

Dice

いつも記事を読んでくれてありがとう。今回はこのブログで活躍している、ピーコのモデルになったセキセイインコについてお話します。

ピーコ

天国から見てくれているといいな。

リリー

毎日大好きなものをいっぱい食べながら、たくさんおしゃべりしてるんじゃないかな。

ピーコとの出会い

ピーコとの出会いは20年以上前。

小学2年生のクリスマスでした。

朝起きたら枕元に穴のあいた小さなダンボール箱が置かれていたんです。

サンタクロースからのプレゼントでした。

セキセイインコについて全く知識がありませんでしたが、木屑にうずくまっている姿が本当に可愛くて。

「しっかりと育てなきゃ!」と決意したのを覚えています。

それから毎日、お湯でやわらかくしたエサを数時間置きにあげていました。

冬休みじゃなかったらどうしていたんだろうと、今になって思います。

Dice

小学生でしたが、赤ちゃんインコを育てるのに必死に頑張っていました。

ピーコ

赤ちゃんのときは短い間隔でいっぱい食べるんだよね。

いつも一緒にいる大切なパートナーに

赤ちゃんの期間は本当に短く、すぐに飛ぶ練習をするようになりました。

でも、ピーコは約12年間、ほとんど飛ぶことはありませんでした。

家族の不注意もあるのですが、若い頃に羽を怪我してしまったんです。

だから、いつもトコトコと走って移動。

高いところにはクチバシと足を使ってよじ登っていました。

──そんなピーコの定位置は、ぼくの右肩。

家に帰ってピーコを見るたびに右手をあげて「よっ」って挨拶していたら、ピーコも顔を見るたびに「よっ」って言うように(笑)

友達の挨拶のようで大好きでした。

学校から帰ったらすぐに籠から出して、一緒におしゃべりしたり、ゲームしたりして過ごしていました。

音が出るものが好きだったので、スーパーファミコンや64でゲームをしているときは、テレビにつないでいるコードの上に乗って音を聞いていましたね。

だからゲームで覚えた言葉をしゃべることもありました(笑)

学校から帰ったら、文字通り本当にいつも一緒にいたんです。

Dice

肩でおしゃべりしているのを聞くのが日課でした。

ピーコとのお別れ

ぼくが大学進学をきっかけに上京したため、ピーコと毎日一緒に過ごすことができなくなりました。

でもいつも気になっていたので、実家に電話をかけては様子を聞いていたのを覚えています。

長期休みはもちろん帰って一緒に過ごしていました。

そんな日々が続いていましたが、10歳をこえたころから体力がなくなってきていつも床で寝るように。

次第に活動時間は短くなっていくのはとても悲しかったです。

少しでも長生きして欲しいといつも願っていました。

──そしてお別れの日がくることになります。

当時、この世界には「不思議な力があるんだな」と実感したことがありました。

ぼくは東京から夜行バスで帰郷していたのですが、バスが到着する数時間前、明け方頃にピーコがすごく騒いでいたのだそうです。

いつもは床でべったり寝ているのに、その日は元気に騒いでいたと。

きっとぼくが近づいていることを察知したのだと思います。

そして1週間ほど一緒に過ごし、大学の講義を受けるために再度上京。

その2日後にピーコが冷たくなっているとの連絡がはいりました。

本当に悲しく、しばらく大学に行けなかったのを覚えています。

お別れの時期が近いことは察していたのですが、それでも我慢できませんでした。

でも、最後に一緒に過ごせて良かったと思います。

タイミングを考えると、最後にぼくに会ってから天国に旅立とうとしていたのかな、とも思います。

今でもピーコのことを想うと、すぐに涙が出てしまいそうになります。

ピーコ

きっとDiceにお別れを言うために待っていたんだよ。

さいごに

ピーコと過ごした日々はぼくの宝物です。

ピーコからはたくさんのことを学びました。

ピーコのことは一生忘れることはありません。

これからも心の中でずっと大切にしていこうと思います。

──もうお分かりかと思いますが、このブログ「World Tree」に登場するピーコのモデルは、当時飼っていたセキセイインコのピーコです。

これから一緒にこのブログを育てていければ、歩んでいければと思います。

Dice

ピーちゃん、これからもよろしくね!


ピーコ

World Treeを大きくしていけるよに頑張るよ!