NOMAD LIFE

滞在国「セルビア」の現状について(2020.3.30)

Dice

Diceです。今回は現在滞在している「セルビア」の現状についてお話します。

リリー

コロナの影響でどこも大変な状況だよね…。

セルビアの現状について(2020.3.30)

非常事態宣言が発令中

2月中頃にセルビア北部の都市「Novi Sad」に移動してきてから約1ヶ月半。当初はコロナに対する警戒は全く感じられなかったのですが、今月半ばに非常事態宣言が発令されてから大きく状況が変わりました。

現在は国境・空港は全て封鎖されており、公共交通機関も全て停止。都市間の移動もできず、外出禁止時間も設定されています。公園などで5人以上で集まることもできません。

現在は国外に脱出不可能という状況です。この状況がいつまで続くのかも不透明です。(国から出ていくことに対しては制限はないそうなのですが、移動手段がない&他の国も国境を封鎖しているので、実質脱出不可能です)

緊急事態宣言が発令された当初の外出禁止は8pm〜5amだったのですが、現在は5pm〜5am(週末は3pm〜5am)にまで拡大されています。ルールを守らない人がいるからか、たまに禁止時間帯にパトカーの音が聞こえます。(1度目は罰金、2度目から逮捕となるようです)

各種店舗について

緊急事態宣言が発令されてもしばらくは食料品店やドラッグストア以外の店舗も普通にオープンしていたのですが、現状は食料品店とドラッグストアなど、どうしても生活に必要とされる店舗のみがお店を開けています。

発令された当初は普通に外でお茶している人達をたくさん見かけたので、驚きました。外でお喋りしながらお茶する文化がそれだけ根付いているということでしょうか。

幸いなことに、極端な買い占めなどはおきていません。大型店舗を避けて買い物しているのですが、少なくとも小さめの店舗ではほぼ通常時と同じ品揃えとなっています。朝早くに買いに出かければ、長時間待つということもありません。

Dice

緊急事態宣言が発令されたときは焦ったけど、何事もなく過ごせているよ。

ポム

こんな状況でも優しくしてくれる人が多いのは本当に嬉しいな。

現地での暮らしについて

人種差別は全く感じていません

何度も出入国を繰り返して合計1年ほど滞在しているのですが、もともと人種差別は全く感じていません。それはコロナが流行している今も同じです。

人種差別ではないのですが、あまり良い顔をされないということは稀にあります。街を歩いていていつもより視線を感じたり、あからさまに避けられるということが何度かありました。

買い物に出かけた際も、店員さんによっては少し嫌そうな顔をされることもありますが、普通に買い物することができるので問題なしです。現地で知り合った友人を含め、大多数の人が非常に親切にしてくれるので、本当に安心して暮らせています。

世界旅行をはじめるまで知らなかったのですが、セルビアは親日国。どこに行っても日本人と分かれば本当に親切にしてくれます。おそらく、他の国の方に対しても同じなのではと思います。

道を歩いていると、特に子供達から「チャイナ!チャイナ!」と言われることはあるのですが、悪意は感じられず、現地では比較的珍しいアジア人をみて交流を図ろうとしているだけのように感じます。

他の国ではアジア人に対して差別的な行動に出る人達がいると聞いて心が痛くなりますが、セルビアにいる限りは安心して過ごせそうです。

余談ですが、マケドニアはセルビアよりも親日国だと感じています。首都のデザインに日本の建築家が関わったというのも大きいのかもしれません。

他の国では中国人と間違われることが多いのですが、マケドニアでは「こんにちは!」「日本人?」と声をかけてくる方が多かったので、本当に驚きました。

アジア人を見ると日本人と思うのか、日本人と他のアジア人を見分けられるのかは分かりませんが、すごく嬉しいですね。

緊急事態宣言・外出禁止令の影響がじわじわと…

ろくに散歩もできず、もちろんジムにも行けないので、どんどん不健康になっているように感じます。どこの国でも同じような状況だとは思うのですが…この先数ヶ月で世界からどれだけの筋肉が失われてしまうのでしょう(笑)

僕は買い物以外の外出は控えているので詳しくは分からないのですが、実際は外出禁止時間以外で外に出ている人が多いみたいです。政府の意向をリスペクトしない人が多いので、どんどん外出禁止時間帯が長くなっています…。

VISAの問題が…

6ヶ月以内に90日まで滞在可能というルールがあるので、あと約1ヶ月半ほどは滞在できるのですが、期日が刻一刻と迫っています…。

とはいえ、実質脱出不可能な状況にあるので、このままの状況が続けばどうなるのかと、少しずつ不安を感じつつあります。

セルビアにある日本大使館に連絡をとってみたのですが、「現地の機関にお問い合わせください」という機械的なメッセージが返ってきただけでした…。

Dice

状況が変わらずに国外に出られない場合でも不法滞在の扱いにならなければ良いなぁ…。

さいごに

以上がセルビアの現状になります。

とにかく今は家の中で大人しくして、状況が好転するのを待とうと思います。

日本ほ含め、世界がコロナの脅威に晒されていますが、少しでも早く事態が収束することを祈ります。

Dice

ポジティブに捉えれば、思う存分ブログに時間を割けるってことだよね!

ポン

さぼっちゃダメだよ。

ポム

ちゃんと見てるからね。

RELATED POST