世界一分かりやすい「一般動詞」

この記事で学べること
  • 一般動詞の基礎
  • 一般動詞の種類
  • 一般動詞の使い方
1つずつ確認していこう
一般動詞を学べばできるようになること
  • シンプルな文章が作れる
  • 何をするのか / 何が欲しいのかなどを伝えることができる
  • 文法の知識がほとんどなくてもある程度意思を伝えることができる
Dice

一般動詞を勉強すれば最低限のコミュニケーションが取れるってことだね!

ピーコ

コミュ力が高い人なら一般動詞と少しの単語だけで意思疎通ができちゃいそうだね

突然ですが、みなさんが知っている動詞をいくつか挙げてみてください。

「歩く」「走る」「食べる」「寝る」「買う」「勉強する」「働く」「休む」etc

━━ 数えきれないほどの動詞がありますよね。

動詞は「主語(人やモノ)の動作や状態を表す」もの

「〜へ行く」や「〜を買う」など、動詞は文を構成する最も重要な要素といっても過言ではありません。

動詞なしでは意味が通る文を作ることができないので、しっかりと使い方を理解しておく必要があります。

Dice

シンプルで簡単だけど、とっても重要なんだ

ピーコ

ゆっくりでいいから、使いこなせるようになろうね

ちなみに、動詞は無数に存在しますが、英語では「一般動詞」「be動詞」2種類しかありません。

今回は動詞の99%を占める「一般動詞」を世界一分かりやすく解説していくので、順番に確認していきましょう。

しっかりと自分のものにできるように、落ち着いて読み進めていってくださいね。

目次

一般動詞の基礎

一般動詞は文の中で述語になる、主語の動作や状態を表すものです。

つまり、何をするのかを伝えるために、しっかりと意味のある文を作成するために必要な重要なパーツということです。

もし動詞がなければ何をするのかが伝えることができないので、文が成立しなくなってしまいます。

ちなみに、一般動詞は「明確な意味を持つ動詞」です。

そこが実質的には意味を持たない曖昧な「be動詞」と異なる点です。

「be動詞」を勉強すれば「一般動詞は明確な意味を持つ動詞」「be動詞実質的には意味を持たない曖昧な動詞」という表現がしっくりくると思いますので、まだ「be動詞」が何か分からない方は、この記事の後に読んでみてくださいね。

Dice

冒頭と同じような内容だけど、大切なことだからもう一度話したよ

ポン

もう1つの動詞「be動詞」は↓のリンクからチェックしてね

一般動詞の種類

一般動詞は「自動詞」と「他動詞」に分類できます。

文の構成が異なるので、違いをしっかりと理解しましょう。

Dice

難しくないから、落ち着いて確認していこうね

「自動詞」について

「自動詞」は「S+V(主語+動詞)」だけで完全な文を作れる動詞です。

少し難しい言い方をすれば、自動詞は「目的語」を必要としないということです。「目的語」を必要としないという点が、次の項目で確認する「他動詞」と異なります。詳しくは「他動詞」の項目で説明します。

そっけない文になりますが、自動詞を使えば「文として成立する最もシンプルな英文」を作ることができます。

いくつか例を見てみましょう。

  1. I walk.
  2. You run.
  3. I sleep.
Dice

シンプルすぎるけど完全な、基礎となる文だね

ピーコ

「完全な」「成立する」というのは「文法上なんの間違いもない」という意味でつかってるよ

リリー

これにいろんなものを付け足すことで、もっと豊かな表現ができるようになるんだよ

「他動詞」について

他動詞は「S+V+O(主語+動詞+目的語)」という形で文を構成します。

自動詞とは違い、動詞の後ろに必ず「目的語」を必要とします。

「目的語」とは、例えば「〜を買う」の「〜を」の部分にくる言葉「名詞のみ」が目的語になることができます。

Dice

正確には「名詞句」や「名詞節」も名詞と同じ働きをするから目的語になることができるんだけど、今はまだ考えなくても大丈夫だよ

ピーコ

「名詞句」「名詞節」は名詞と同じ働きをする複数の単語で構成されるカタマリのことね

  1. I buy this game.
  2. I read the book.
  3. I use this pen.
Dice

例えば「私は買う」だけで「目的語」がなかったら「何を買うの?」ってつっこまれちゃうよね

ピーコ

「(私は)買う」だけでも通じる場面があるかもだけど、英語の他動詞は基本的に目的語をつけなきゃいけないんだよ

リリー

「他動詞」ちゃんは後ろに「目的語」くんがいないとダメなんだね

ポム

「他動詞」ちゃんが持つ本来の力(意味)を発揮するには、「目的語」くんが必要なんだよ

一般動詞の使い方

Dice

次は一般動詞の使い方を説明するよ

ピーコ

日本語との違いを意識してね

【日本語との違いに注意】一般動詞は「主語」の直後に置く

日本語と英語では一般動詞を置く位置が異なるので、注意する必要があります。

日本語では文末に置かれることがほとんどですが、英語では主語の直後に置かれます。

慣れるまでは「主語の直後に動詞」ということを意識しながら文を構成していきましょう。

日本語
英語
  • Example:私は英語を勉強する
  • 動詞は基本的に文末へ
  • Example:I study English.
  • 動詞は主語の直後へ
Dice

日本語と違うから違和感があるかもしれないけど、すぐに慣れるはずだよ

主語が3人称単数の場合は「s」または「es」をつける

一般動詞は主語に合わせて形を変化させる必要があり変化させることを「活用」といいます。

覚えなければいけないのは、主語が「3人称単数」のときの活用です。

ピーコ

人称が何か分からないという人は↓の「⭐️【人称】とは?⭐️」を押してみてね

主語が3人称単数で時制が「現在形(過去でも未来でもなく今の話をする形)」の場合、動詞の最後に「s」をつけます。

それを「3単現のs(三人称単数現在形のsの略 )」といいます。

基本は「s」をつければいいだけなのですが、例外として「s」ではなく「es」をつけるものもあります。

主語が「3人称単数」以外のときは、すべて同じ形(原型)となります。

「he」「she」「it」「固有名詞(人やモノの名前など」はよく使う3人称単数の主語なので覚えておきましょう。

Dice

例を紹介しながら説明していくね

3人称単数の基本は動詞の原型に「s」をつける

主語が3人称単数の場合、基本は動詞の原型に「s」をつけます。

Example
  • want → wants
  • like → likes
  • come → comes
  • play → plays
  • work → works
  • walk → walks
  • live → lives
ポン

ただ動詞の最後に「s」をつければいいだけだから、すごくシンプルだよね

ポム

次は例外を見ていこうね

【例外①】語尾が「子音字+y」で終わる動詞

単語の語尾が「子音字+y」で終わる動詞は「y」を「i」に変えて「es」を付けます。

ピーコ

子音字は母音字「a i u e o」以外のアルファベットのことだよ

Example
  • study → studies
  • fly → flies
  • try → tries
  • cry → cries
  • carry → carries

語尾が「母音時+y」で終わる場合は「es」ではなく基本と同じく「s」を付けます。

Example : play → plays / buy → buys

【例外②】語尾が「o」「s」「x」「ch」「sh」 で終わる動詞

語尾が「o」「s」「x」「ch」「sh」 で終わる動詞は語尾に「es」を付けます。

Example
  • go → does
  • do → does
  • kiss → kisses
  • miss → misses
  • mix → mixes
  • teach → teaches
  • touch → touches
  • watch → watches
  • finish → finishes

【例外③】形が変化する動詞

種類は少ないですが、3人称単数の場合に形が変化する動詞があります。

Example

have → has

be → is

Dice

be動詞はどの人称でも変化するから迷ったけど、ここにいれておいたよ

リリー

「am」「are」「is」に変化するんだよね

ポム

be動詞は↓の記事で解説しているよ

まとめ

以上で一般動詞の基礎知識の解説は終わりとなります。

今回学んだ内容だけでも、簡単な文章を作ってある程度の意思を伝えることができるようになるはずです。

最後に情報をまとめておきますので、もし不安なところがあればもう一度読み直してしっかりと自分のものにしてくださいね。

今回学んだ内容
  • 一般動詞には「自動詞」と「他動詞」がある
  • 一般動詞は主語の直後に置く
  • 主語が「3人称単数」の場合は語尾に「s」または「es」をつける

【Level Up】一般動詞をより深く学びたい方へ

Dice

ここから先は余裕のある方向けです

ピーコ

基本をしっかりと理解できたら、先に進んでみよう

リリー

↓の「⭐️【Level Up】一般動詞をより深く学ぼう⭐️」を押したらでてくるよ

シェアしてください٩( ‘ω’ )و
目次