Macedonian

Macedonian(マケドニア語) のアルファベット

Dice

Diceです。今回からマケドニア語について少しずつお話していきたいと思います。まずはアルファベットからスタートするよ!

ピーコ

日本語と同じ発音の単語がたくさんあるから面白いよ。いつか紹介するね。

マケドニア語のアルファベット

英語のアルファベットとは少し異なります

アルファベットって学校でもう習っているんですけど・・・?と思う方もいらっしゃるかと思います。

みなさんが知っているのは英語(ラテン文字)のアルファベット。マケドニア語ではキリル文字のアルファベットを使用します。

英語と共通するものも多いので、全部覚えるのはそこまで難しいことではありません。これからマケドニア語を習得していくために必ず必要になるので、頑張って覚えましょう。

綴りと読み(発音)が同じです

マケドニア語は日本語と同じで、綴りと発音が完全に一致します。一度アルファベットの発音を覚えてしまえば、初めて見る単語でも正確に発音できるようになりますよ:)

──余談ですが、英語はアルファベットを覚えるだけで全ての単語を正確に発音できるようにならないので、そこで苦手意識を持ってしまう方が多いのかもしれません。

英語の発音の勉強については、下記の記事を参考にしてください:)

アルファベット全種類(A〜Ш)

合計31種類

マケドニア語のアルファベットは全部で31種類。メールやネットでおなじみの顔文字に使われている文字もたくさんあるんですよ(笑)

下記の表ですが、左のブロックはマケドニア語のアルファベット(大文字・小文字)と該当する英語のアルファベット、右のブロックは日本語での発音と説明を加えています。

※日本語はほぼ全ての文字(ん以外)が子音+母音(あいうえお)のセットになっているので、子音の発音を正確に書き表すことができません。あくまでも参考程度にご覧ください。

※日本語はほぼ「子音+母音(あ)」で記載しています。そこから「あ」の音をとってみてください。そうすればその子音の音に近づきます。

Dice

一度に全部はしんどいかもしれないから、5個ずつに区切って紹介していくよ!

ピーコ

アルファベットの説明でいきなり大きな壁に・・・。大切な基礎だから、YouTubeのリンクもチェックして正しい発音を身につけてね。

А〜Д (A〜D)

А а(A a)(母音)「ア」
Б б(B b)(子音)「バ」
В в(V v)(子音)「ヴ」
Г г(G g)(子音)「ガ」
Д д(D d)(子音)「ダ」 

※ В в(V v)は上前歯と下唇を使って出す振動音です。

※ Д д(D d)は「( ゚Д゚)」で見たことがあるのではないでしょうか(笑)

Ѓ 〜S(G〜Dz)

Ѓ ѓ (Gj gj)(子音)「ギャ」
E e(E e)(子音)「エ」
Ж ж(Zh zh)(子音)「ジャ」
З з(Z z)(子音)「ザ」
S ѕ(Dz dz)(子音)「ザ」

※ S ѕ(Dz dz)は少し詰まったような音を含む「ザ」です。よく聞くとЗ з(Z z)とは少し異なります。

И〜Љ (I〜Lj)

И и(I i)(母音)「イ」
Ј ј(Ј ј)(子音)「ヤ」
К к(K k)(子音)「カ」
Л л(L l)(子音)「ラ」
Љ љ(Lj lj)(子音)「リャ」

М〜П(M〜P)

М м(M m)(子音)「マ」
Н н(N n)(子音)「ナ」
Њ њ(Nj nj)(子音)「ニャ」
О о(O o)(母音)「オ」
П п(P p)(子音)「パ」

※「H」は英語で慣れ親しんでいる文字かと思いますが、マケドニア語では「N」なんです。紛らわしいですね・・・。

Р〜У(R〜U)

Р р(R r)(子音)「ラ」
С с(S s)(子音)「サ」
Т т(T t)(子音)「タ」
Ќ ќ (Kj kj)(子音)「キャ」
У у(U u)(母音)「ウ」

※「Р」「С」「У」は英語を知っていると混乱するかもしれません。少しずつ慣れていきましょう。

Ф〜Ш(F〜Sh)

Ф ф(F f)(子音)「ファ」
Х х(S s)(子音)「ハ」
Ц ц(C c)(子音)「ツァ」
Ч ч (Ch ch)(子音)「チャ」
Џ џ (Dz dz)(子音)「ジャ」
Ш ш (Sh sh)(子音)「シャ」

※Ф ф(F f)は上前歯と下唇を使って出す音です。В в(V v)と同じフォームですが、振動はさせません。英語のFと同じ音です。

※Џ џ (Dz dz)の英語のアルファベットがS ѕ(Dz dz)と同じになっていますが、音は「ザ」と「ジャ」なので全然違います。

※Џ џ (Dz dz)とЖ ж(Zh zh)の日本語が同じ表記になっていますが、微妙に異なります。Џ џ (Dz dz)は上下の歯を合わせて息を出しながら出す音、Ж ж(Zh zh)は特に意識せずに出す日本語の「ジャ」に近い音です。Џ џ (Dz dz)は「シャンプー」の「シャ」を濁らせた音に近いです。

さいごに

アルファベットはとても大切な基礎です。

英語を知っているとまぎらわしいものもありますが、続けていれば必ず慣れます。

一度音を覚えてしまえばどんな単語が出てきても綴り通りに読むだけなので、発音に関しては英語よりもずっと簡単です。

例えばセルビア語など、バルカン半島にはかなり似ている言語が多いので、マケドニア語を勉強するだけでたくさんの言語をカバーすることができます。

簡単なフレーズだけでも覚えておけば旅行でバルカン半島の国を訪れた際に役立つこと間違いなしなので、ぜひ挑戦してみてください!

Dice

大変なのは最初だけ。ちょっとずつでも良いので、楽しみながら覚えていきましょう。

ピーコ

似たような音があって大変かもしれないけど、違いを聞き取れるようになったときの嬉しさは半端ないよ!